モース硬度とは

- Category - 宝石の知識

宝石の条件としては、

硬度が高いということは非常に重要になります。

それは、硬度が低いと、

長い間に風化や劣化が進みやすいためで、

それによって美しさが低下してしまうからです。

 

鉱物の硬さを示す硬度は、原子の結合の度合いで決まります。

 

宝石の硬さを示す指標に、「モース硬度」というものがあります。

1822年に鉱物の硬さを判断する基準として

ドイツの鉱物学者フリードリッヒ・モースが考案したもので、

二つの違う石をすり合わせて、どちらに傷がつくかということで判断します。

 

最も硬い基準を10とし、最も柔かいものを基準1としています。

 

硬度10はダイヤモンドで、硬度1は滑石です。

 

ちなみに、人間の爪の硬度は2.5程度とされています。

ちなみに硬度10というのは、硬度1の10倍硬いということではありません。

例えば、硬度10の次のランクである硬度9は、

硬度10の140分の1の硬さであるとされています。

 

また、硬度が高い = 衝撃に強いということではありません。

地球上で最も硬いダイヤモンドであっても、ハンマーで叩けば粉々に砕けてしまいますが、

何かでひっかいても、傷つくことはありません。



誕生石365日 関連記事