宝石とは

- Category - 宝石の知識

宝石というのは鉱物のこと。

鉱物は、地球がその胎内で作り出すもので、

レアメタルや鉄鉱石、石灰石などと宝石は、

同じものなのです。

 

しかし、同じ鉱物でありながら、

宝石というと、人はどこか特別な目で見てしまいます。

名前からして宝石は、「宝となる石」として区別しているせいかもしれません。

 

そして、宝石が他の鉱物とは明らかに違う点といえば、

外見上の美しさ・物理的な硬さ・産出の希少性にあります。

さらに加えて装飾性のある鉱物であることも条件となります。

 

例えば、外見上の美しさという点ひとつとっても、

色・透明度・輝きという様々な特性があります。

そして、それらの特性をより際立たせるために、

透明なものをカットして光の反射を多岐に、また複雑にしたり、

研磨加工して色や輝きをより魅惑的なものにしたりします。

 

また、硬さについては、モース硬度7以上のものをいいます。

ただしトルコ石のモース硬度5など、例外とされる宝石もあります。

 

このように宝石とされるには、美しい色・透明度・硬さの条件を

満たさなければなりませんから、

必然的に宝石は希少性が高まり、

価値が生まれるというわけなのです。

 

ちなみに、宝石とまではいかなくても、

これらの条件の一部を満足させる鉱物のことを、

貴石または飾り石などと呼んで装飾の素材とされることもあります。

 

それでは、貝から採れる真珠は鉱物ではないのではないか?

と思われる方もいるかもしれません。

確かに真珠は鉱物ではなく生物が生成したもので、

成分は炭酸カルシウムです。

しかし、その美しさから例外的に宝石として扱われることも多くあります。



誕生石365日 関連記事