宝石の手入れの仕方

- Category - 誕生石について

宝石は10段階評価のモース硬度で表し、

最高の高度はダイヤモンドです。

 

硬度の同じまたは高いものに接触することによって

傷つきます。

ぶつける、落とすなど、衝撃には注意してください。

バッグの中に保管するときもゴチャゴチャは禁物。

 

そして、熱や薬品などにも注意。

急激な温度変化でほとんどの宝石はひび割れを起こします。

火、洗剤、漂白剤を使うときは取り外す心遣いを。

 

着用後はほころを払うことを習慣づけましょう。

真珠のようにデリケートなものも軟らかい布で拭くことで

十分美しさは保たれます。

爪、止め具、チェーンのゆるみのチェックも忘れずに。

 

自分で出来るケアの方法としては、

洗面器のぬるま湯の中に中性洗剤を1,2滴入れて、

その中で歯ブラシで洗い、

軟らかい布で拭くことでほとんどの汚れは取れます。

 

水に入れてはいけない宝石の場合、

専門家に頼めば、超音波の力で汚れを落とす、

超音波洗浄器で汚れを落としてくれます。

 

ダメージが決定的なときには磨きなおし、

再カットで美しさを取り戻せるものもあります。

リフォームも一案です。



誕生石365日 関連記事