まさか自分がこうなるなんて、うれしい誤算

- Category - 誕生石の思い出

時計以外のものを手首に装着するのは、日常生活に支障があって耐えられない、と思っていました。

ものを書くときにもぶつかり集中を妨げるし、なんとなくチャラチャラしているという印象が強かったのです。

さらに、長袖の衣類を着用している季節はまだしも、

半袖になり手首が覆われていない状態では、なおさら、という気がしています。

 

そのようなわけで、今まではブレスレット着用など、

自分の興味の範疇に入ってくるとは夢にも思っていませんでした。

また、鉱物にもまるで関心を持つ機会なく生きてきていた私でした。

正直、宝石も鉱物も、女性が着飾るために装飾するもの、

というバリバリの偏見をもっていたことを正直に告白しなくてはなりません。

ですから、もちろん色に一定の感動を覚えたとしても、

まさか自分の身に付けるなどという日がやってこようとは夢にも思っていなかったのです。

 

事態は1年ほど前に大きく変わりました。

身の上に困難な出来事が続くなかで、一か八かで出向いた対面式占いで、

ある天然石の効果について話を受けました。

斡旋してくれるという品は目が飛び出る位の額だったのでお願いせず、

自分でネットで天然石のブレスレットを購入しました。

オレンジガーネットと、エメラルドです。

それぞれ、それなりの値段はしましたが、自分の運命を切り開いてくれるもの、と思い奮発しました。

エメラルドは深い緑が叡智を感じさせますし、オレンジガーネットは快活さを印象として受けます。

ちょうど赤みがかった色合いと緑みがかった色合いの二色のため、補色的な補完作用があるようで、

二つ揃って身に付けてみるとなかなか視覚的にもしっくりきます。

これには正直自分でも驚きでした。

 

以来、ほぼ毎日二種類の天然石のブレスレットを装着します。

慣れてしまうと、着用していることすらまるで気にならなくなったことには自分でも驚きました。

そればかりか、やはり日常の幸運を授けてくれているという気がします。

夜は必ず水晶やクラスターのところにブレスレットを置き、休ませるようにしています。大きな感謝と共に。

これからも、天然石ブレスレット生活、続けていきたいと思っています。

 

このような生活を送る中で、世間の他の男性または女性が手首にブレスレットをしているのを見かけると、

正直言って同朋意識を覚えます。

ああ、パワーストーンに関心を持っているんだなあ、と仲間のように感じるからです。

わかるよわかるよ、と心の中で励まし合いたくなる気分がします。

まだまだ超新人ではありますが、今後も自分なりに生活の中で

パワーストーンの力を感じ続けていくつもりです。



誕生石365日 関連記事