パワーストーンにはまずは自分から

- Category - 誕生石の思い出

パワーストーンやパワーのもらえるものは、

「つけているだけで良いことが起こります、幸せになります」

という記事がありますが、それには条件があります。

普通では幸せにもなれず良いことも何も起こらないといっていいでしょう。

ただし悪いものを寄せ付けない効果はあります。

誰でも高い値段で高価な石を買ってさあ幸せになるぞとばかり待ちの姿勢でいますが、

何も起こらないのが当然です。どうしてなのでしょうか。

 

私は某雑誌にパワーストーンの秘密を書いた記事を見つけました。

これには普通の人がつけるなら、自分を高めておく必要があると書いてありました。

どういうことなのかというと良い気や大きな力をもつ守護霊様に守ってもらうには、

心がけと自分を磨いておくことが必要なのであります。

 

私は独身の頃にうつ病にかかり自殺願望に陥ったことがあります。

本当に生きていくことが難しいと思ってしまって否定的になっていました。

でも散歩をしたり、誰かに会うためにボランティアをしてみました。

そうしたらボランティアがヒットしました。自分にとって良かったのです。

最初は自分のためにやっていたことが相手から「ありがとう。」と感謝の言葉をいただくようになりました。

私自身が輝いてきました。何か小さい自分が大きくなった気がします。

無償で相手のために動くことで役に立っていると自覚したときに

自分は価値がありまだ何かで恩を返したいと思うようになりました。

 

そんな後にもっと自分を守ってもらうにはどうしたらいいかと考えるようになりました。

それで自分もパワーストーンを身につけるようにしました。

水晶のブレスレットをつけました。

本水晶が3つついているものを選びました。体が軽くなっていくようでした。

今までの自分とは違う何かと一緒になっている感じに思えました。

これをつけていると調子のいいときはいい願いが叶うことが多くなり、悪いことが起こらなくなりました。

眠るときと休みの日には太陽の光に1時間ぐらい当てておきました。

これも効果を増大させる秘訣です。

今は自分の体の一つのように大切に扱っています。

 

できたら子供たちにもこの水晶のパワーストーンを休みの日のみつけてもらいたいと思っています。

パワーストーンは必ず自分を高めた後に使うアイテムだということを忘れないでほしいと思います。

ただ付けるだけでなく、自分もそういった良いことをどんどんおこない良い気をためていきましょう。

そうすればすぐに効果を期待できると思います。



誕生石365日 関連記事