パワーストーンの効果が発揮された瞬間

- Category - 誕生石の思い出

友達の話です。

私は昔からファッションも兼ねてパワーストーンのブレスレットをいくつかオーダーで作ってもらい付けていました。

それを見た友達が、可愛いから自分も作って欲しいと言ってくれたので、

私がいつも作ってもらっている方の所へ一緒に行きました。

 

その方は「色で決める」か「石の意味で決める」かを先に聞いてくれます。

私は毎回実際に見た時のインスピレーションで決めています。

友達は「恋愛の石で作りたい」と言いましたので、お店の方が丁寧に石の意味を説明してくれて、

友達もどんどんパワーストーンの魅力に飲み込まれていき、

紹介してあげて良かったと嬉しくなったのを覚えています。

 

友達は「恋愛」1本でのブレスレットの制作でしたが、

「お金」と「健康」と・・・と、欲張る方もたくさんいらっしゃるとの事でした。

作る方によっては、あまり色々と意味合いを入れない方がいいと仰る方もいらっしゃいますが、

私が作っていただいている方は「好きなもの、身に付けていたいものを作ればいい」といつも言ってくれます。

 

それから友達はとてもパワーストーンのブレスレットを気に入って付けていました。

石の放つ波動が合っていたんだと思います。

 

何ヶ月も経たないうちでした。

二人で出かける予定があって、友達の部屋で着替えたりお化粧をしているのを待っている時に、

どこにも何も触れていない左腕から、パワーストーンのブレスレットがパンッ!!と音を立てて切れたのです。

二人でビックリしました。

慌てて弾け飛んだ石をかき集めたのですが、全部集められたかはわかりませんでした。

 

そこでふと我に返った時に、「何かいい事があるのかもしれないね」

「何か不吉な事の身代わりになってくれたかもしれないよ」と笑いながら話しました。

 

まさにその一週間後です。

ずっと何年も彼氏の居なかった友達に彼氏ができたのです。

もちろんパワーストーンに出会うまでも出会ってからも、合コンに参加したり、紹介してもらったりは一切なく、

当たり前で好きな人も居なかったのに。

すぐにピンときました。

二人で同時に「あの時の!!」と言って大笑い。

正直そこまでパワーストーンの効果を信じていなかった私は驚いたのと、

凄いんだなというのとで改めて自分の持っている石を大切にしないといけないなと感じました。

きっと私の「信じていない」心が効果を閉じ込めてしまっていたんだと思います。

それからは自分のブレスレットを愛してあげています。

これはきっと「自分で自分を愛する」事と似ているのかもしれません。

 

友達はその彼と結婚しました。私も続かなければっ!!



誕生石365日 関連記事