パワーストーンは本当に効きますよ!

- Category - 誕生石の思い出

私がパワーストーンの力を信じるようになったのは、

あるスピリチュアルカウンセラーの元を訪れてからです。

それまでは綺麗だな。とは思っても、高いお金を出してまで欲しいと思ったことはありませんでした。

どちらかというと感覚的にも鈍い方でしたし、石に触っても特に何も感じないタイプです。

自分がそれ以後、石を集めるようになるとは思いませんでした。

 

そのスピリチュアルカウンセラーの元を訪れたのは、仕事を辞めて無職になった時、

これからどうしようかと考えていた時のことでした。

 

辞めた職場はいろいろなトラブルが頻繁に起こるところで、生活のためには続けた方がいい。

でもこんなにトラブルが起こっては、身がもたないと思って辞めました。

それでも就職難のことを考えると、辞めるには勇気がいりました。

 

このカウンセラーの方には辞める少し前にも職場のことを相談していたのですが、

この時のカウンセリングでは、自分の個人的なことを相談しました。

 

カウンセリング中、カウンセラーの方が「話しやすくなるように」と言って

イルカの形をしたソーダライトという石を手に持たせてくれていました。

石というのはクリスタル。

つまりパワーストーンのことです。

カウンセリング中は、ずっとそのパワーストーンを持ちながら進められました。

 

私が初めてパワーストーンの力を感じたのは、そのカウンセリングが終わった時のことです。

最後にカウンセラーの方が「で、この前話していた職場は辞められたの?」と聞いてきた時、

私の思いが(相談した個人的な内容より辞めた職場で起こってきた諸々のことの方に)

思いがたくさん詰まっていたのでしょう。

 

「はい、辞めました。」と、言ったとたん、何もしていないのに、

手に持っていたイルカのソーダライトが2つに割れたんです。びっくりしました!

硬くてしっかりしたソーダライトです。ヒビが入っていた様子もありません。

咄嗟のことにショックを受けた私が最初言ったのは、「すみません!弁償します!」でした。

 

カウンセラーの方は「いいんですよ!大きなエネルギーが解放したんです!」と言われ、

弁償は免れたのですが、それ以来、クリスタルの力を信じるようになりました。

今でもそんなに敏感な方ではありませんが、「このクリスタルからパワーが出ている!」と信じることが、

結果を出しているような気がします。

 

嫌な気分の時にローズクォーツを胸に当てたり、

胃が痛い時に胃の部分にコースター型のメノウ石を当てたりします。

不思議と癒されたり、痛みが取れたりします。



誕生石365日 関連記事