パワーストーンをもって感じたこと

- Category - 誕生石の思い出

私がパワーストーンと出会ったのは、兄の結婚式(某ホテル)会場でした。

そのホテル内のパワーストーンのお店が通路のテーブルにたくさんの石を置いていたのです。

それ以前には街中のショップなどで目にすることはありましたが、

そこのお店のパワーストーンには不思議と惹かれてしまい、気付けばお店の方とお話をしていました。

 

そこのお店は聞かれたらアドバイスをしますが、

何も言われなければお客さんが選んだ石の意味を後から伝えてくれるという所でした。

その時私はブレスレットを購入したのですが、

その際の隣にくる石の相性をアドバイスされながら作っていきました。

 

そして、二回目そのお店に訪れたときにネックレスを作りました。

その時何も考えず選んだ石はすごい濃いピンクの大玉インカローズでした。

説明を受けると、強い恋愛の石という事でした。

これで女子力が上がる!と喜んで首につけ、その日の夜眠りにつきました。

 

そして目が覚めると、なぜかそのネックレス、ベッドの下に落ちていました。

そんな簡単に外れるようなネックレスの作りではなく不思議に感じてネックレスを拾い、石を見てみると。

一番大きいインカローズのみにキリであけたかのような穴が開いていたのです。

明らかに落ちて割れたとか、ヒビが入ってしまったとかではなく、本当に穴がぽっかりと開いてしまっていたのです。

そのせいで石が割れてしまうようなものでもなく、とても不思議でした。

 

すぐにお店に人に連絡をして見せに行くと、「なにか恋愛でのトラウマか何かあった?」と聞かれハッとしました。

以前すごく好きだった彼氏に浮気をされて、

それがずっと胸に引っかかっており恋愛に対して前向きになれずにいたのです。

そこを石に見抜かれていたように思います。

 

その石は10年程立ちますが、綺麗な濃いピンクではなくなり白に近くなっています。

そんな私は無事にそのトラウマを乗り越え、幸せな結婚をすることが出来ました。

そろそろ、石を自然に戻してあげようかと考え中です。

 

これからパワーストーンを購入しようとされてる方、石は補助的な役割です。

自分が決めたことや悩んでいることを後押ししてくれる存在です。

見てるだけであの美しい色合いに癒されたり、不思議なパワーが出てるような気がします。

それも自分の鏡だと私は感じます。

自分と向き合いたい時のパートナーとして助けてくれる存在です。

その時に惹かれる色や形、大きさ、模様。それぞれが自分の抱えている問題を浮き彫りにしてくれます。



誕生石365日 関連記事