パワーストーンを持つことで、自分の気持ちと向き合えます。

- Category - 誕生石の思い出

パワーストーンを持ってみたいと思ったきっかけは、整体で知り合った先生の影響です。

当時の私は仕事のストレスで体ばかりか心も疲れていました。

なりたい自分はあるのに心と体がついてこない・・・。

そんなとき、整体の先生がつけているパワーストーンのブレスレットに目がいきました。

 

もともとジュエリーは大好きで、購入するときは、宝石の意味や誕生石などにこだわって購入していたので、

特に抵抗はありませんでした。

最初はお守りのイメージだったのですが、カウンセリングをしながら石を選んでみると、

自分の願いが反映されたものばかりでした。

 

運命の扉を開くピーターサイトに慈愛のクンツアイト。

よく自分を認めましょうといいますが、なかなか難しいもの。

だけど、パワーストーンという「目に見えるもの」によって、それが可能になりました。

もちろん、パワーストーンからくる波動のようなものは、感じることはできても見ることはできません。

ですが、たしかに私に力をくれるものがそこにある、というのは、とても心強いものです。

 

それからも、少しずつ今の自分の願いや気持ちに合わせてパワーストーンを増やしています。

選び方は、先生が選んでくれるときと自分の目に飛び込んでくるときと、いろいろあります。

 

ラブラドライトのときは、自分では購入を考えていなかったのですが、

今ではもしかすると私の感情にいちばん同調しているかもしれません。

沖縄に旅行に行ったときです。

朝、ホテルの部屋でラブラドライトとギベオン、スーパーセブン、ローズクオーツの

ブレスレットをつけようとしたとき、パチンという音がして切れてしまいました。

石は近くに固まって落ちたのですが、4つあるラブラドライトの1つだけが見つかりません。

部屋中探しても見つからず、泣く泣くあきらめてバスに乗ったところ、

なんとバックの内ポケットにころんと入っていたのです。

実はちょっと疲れていらいらしていたのですが、旅先だから気を付けて!

というメッセージだったのかなと思っています。

 

パワーストーンは基本的にブレスレットですが、直感でその日につけるものを選んでいます。

また、ときどき石を組み替えてカスタマイズしています。

色がくすんでいたルチルクオーツが、組み合わせを変えたことで復活したのは嬉しかったです。

そのときそのときに合った組み合わせなどもあるのだと思います。

 

今はアイリスクオーツとクンツアイトのブレスレットが定番です。

これも2回切れたことがありますが、クラックに反射する輝きを見つけては、

願いをかなえる気持ちと慈愛を感じています。

パワーストーンを持ちたい動機は人それぞれだと思いますが、

きっとすてきなパートナーになってくれると思います。



誕生石365日 関連記事