人と石が一体化となる瞬間を感じる不思議な感覚!

- Category - 誕生石の思い出

私自身結構な年になるまで正直、誕生石やアクセサリーなどには興味があまりありませんでした。

必要性を感じなかったし、それよりもゲームや音楽の方向への興味が強かったからだと思います。

 

しかし、そんな私が石にはまり込んでいくきっかけが生じました。

それはアクセサリー販売の仕事に就いたからです。

それまで誕生石の知識はほとんどなく、石が何たるや、というところからのスタートでした。

 

しかし、知識がインプットされればされるほど私は俄然興味が沸き起こり

どんどんその魅力に触れていく楽しさを発見したのでした。

それは何かに導かれるという感覚にも似ていました。

 

そして自分にはまだ似合わないけど母にはプレゼントして身に着けてもらいたい、と思うようになりました。

母と私は同じ誕生石なのです。

私とは雰囲気が違い、女性らしい魅力にあふれた母はとても似あうと思ったのです。

 

それはエメラルド。とても魅惑的な石です。

しかし同時にはっきりと言って高い!

購入に二の足を踏んでいたところ、私の働いているお店に

一人の若いお嬢さんがお母様へのプレゼントとして、

やはりエメラルドの小さな可愛らしい石がついているブローチを買っていかれたのです。

 

その方とはそれがご縁で、その方のお母様とも一緒に

長期に渡りお付き合いをさせていただくことになるのですが

彼女がプレゼントをしてからというもの、それまでどちらかといえば地味目なオシャレが多かったのに

一新して華やかなオシャレをする方に変わっていかれました。

誕生石を身に着ける喜びに目覚めたように見えました。

なんとも女性とは不思議なものですね。

 

そして、そんな彼女たちを見て私は、「母にプレゼントしたい」と、

清水の舞台から飛び降りる思いで決心したのです。

母はリングとイヤリングをコーディネイトして着けるのが好きな人です。

しかし、リングとなると誕生石はエメラルドです。

 

気を付けて着けなければその石はもろいので悲しいことになりかねません。

でも何とかして…と知恵を絞り、まずはエメラルドと同様の誕生石であるヒスイを選びました。

上品なグリーンの色合いがとても素敵で母はウットリと見ながら、

でも「勿体無い」と言ってお出かけ用にしておりいつもはボックスに大切に保管して、

それでも毎日「気持ちが落ち着き、ウキウキとしてくる」とそれを見てはお守りにしてくれています。

誕生石には知らないうちにその人を惹きつけお守りになる効果があるのですね。

 

それからは母の妹である私の叔母も、誕生石を購入しました。

彼女はトパーズです。

その輝きも見事なもので20万くらいの商品でしたが、

それを身に着けるだけで何かしら自分の方向性が示されるような気がするなどと言っています。

 

私も今シニア世代になり誕生石が似合うのではないか?という年齢になりました。

頑張って身に着けられるようになりたいと思います。

 

これから誕生石を購入しようと検討していらっしゃる方は、

どうかご自分のときめきと直感を信じてじっくりと焦らずに選ばれては?

どうしてもの場合はとても小さなものからでも十分だと思いますよ。

そうこうしているうちに必ずこれだ!という誕生石に出会えます。

私もエメラルド!お守りにネックレスを身に着けていこうと決めた今日この頃です。



誕生石365日 関連記事