自分で選んだものではないのだけれど

- Category - 誕生石の思い出

もともとアクセサリー大好きなタイプなので、

お気に入りのブレスレットや指輪、ネックレスのうちどれかひとつは必ず身につけています。

 

私の生まれ月の誕生石はダイヤモンド、

いいものは高いし自分のお小遣いで買える範囲というわけではありません。

 

そういうときに見つけたのがパワーストーンの「誕生石」です。

お店でパワーストーンについての説明を見たら、

どうやら水晶が誕生日石らしく、

きれいなデザインのブレスレットなんかもいろいろとあることがわかりました。

 

それでさっそく欲しいな、と思っていたのですが

水晶って日に当たるとキラキラときれいなもののどちらかといえばちょっと地味なイメージがあります。

ローズクォーツやアメジストなど恋愛関係の石も気になるしということで

なかなか気に入ったものが見つけられずにいました。

 

ちょうどお付き合いしていた人とこれからのことを話し合い始めたころに、

母から水晶の念珠ブレスレットというものをもらったのです。

普通のパワーストーンのお店ではなく、

仏具屋さんで仏教で使うお数珠をつくっているところがつくったものです。

 

パワーストーンブームということで、いろんな石のブレスレットをしている人が増える中、

日本に昔からある数珠も注目されているのでしょうか。

若い人でも気軽に身につけられるお守りとして売られていたようです。

 

私が悩んで入るのを見かねた母が選んでくれたものでした。

水晶でつくられたブレスレットタイプにラベンダー翡翠がひとつはめ込まれたものです。

質のいい石を使っているために、柔らかい電灯の光りのもとでも

キラキラとよく輝き肌なじみもよくて気に入っています。

 

これを身につけ始めたころ、仕事もプライベートもお悩み満載という状態でしたが

少しずつ快方に向かっていったのです。

 

一番効果を感じたのは、不安が高まって気持ちがまとまらないときに

そっと手首につけた念珠に触れるとすっと落ち着いたことです。

石の冷たさとつるっとした手触りのなめらかさが正気に戻してくれたという感じでしょうか。

そのまま深呼吸したりすると、落ち着いた分冷静に物事を判断することができたのです。

水晶の輝きは電車や車での移動中などふとしたときに目にすると「大丈夫」と心が静まるような気がします。

 

普段は家事をしたりするので直しておきますが、「ここぞ」、ということがあるときに身につけます。

夜に寝付けないときにもお風呂上りにつけていると、

悪い物から守ってくれるという気持ちがしてゆっくりと眠ることができるのです。

 

誕生石は自分で選ぶのもいいですが、本当に自分のことを考えて贈ってもらってもいいものだと思います。

どういう形にしろ、手元にやってきた石がそのときの自分に本当に必要なものなのだと思うからです。

誕生日って自分で選ぶわけじゃないですから、

大切な人に贈ったり贈られたりしてもいいものじゃないかなと感じています。



誕生石365日 関連記事