自分を輝かせてくれる魔法の誕生石

- Category - 誕生石の思い出

私は学生時代からアクセサリーが好きで、あまり宝石などの知識はありませんでしたが、

気に入ったものを買って身に着けていました。

そんなにお金もないので、1万円前後のネックレスやリング、ピアスを買うことが多かったです。

 

アクセサリーショップで商品を見ていると、店員さんに話しかけるのですが、

その会話の中で誕生石というものを知りました。

なんとなく以前から誕生石という言葉は聞いたことがあるけれど、

何かの占いか何かだろうとあまり興味は持っていませんでした。

 

店員さんが、お客様の誕生石はオパールとトルマリンですよ、と聞いてもピンときませんでした。

オパールは、むかし母がオパールのネックレスをよく着けていたので知っていました。

でも、そのデザインのせいか、おばさんっぽいと思っていたので、

自分がオパールを身につけることは考えられませんでした。

 

また、もう一つの誕生石のトルマリンはというと、肩こりに効果のある黒い磁石みたいなものと思っていました。

だから、誕生石がオパールとトルマリンと知って、正直少しがっかりもしました。

 

そんな私の表情を見て、店員さんがいくつか、

ガラスケースの中からネックレスやリングを取り出して見せてくれたのですが、

それを見て私はびっくりしました。

私が思っていた黒い磁石みたいなものとは全然違う、ピンクや水色のカラフルな宝石の数々。

しかも、値段も10万円近くするものばかり。

なんだか、高いものを売りつけようとしているんじゃないか?という疑いもありましたが、

実際に出してもらったものを付けさせてもらうと、すごく自分に合う気がしてきました。

 

オパールも見せてもらいましたが、母の着けていたようなやたらと豪華なデザインではなく、

小さなオパールを繊細なチェーンに着けただけのシンプルなネックレスで、

自分が着けても変じゃない、というよりも、とてもよく見えました。

 

誕生石はお守りにもなる、と聞くと、こんなにきれいだし、1つくらい持っていてもいいかな?

なんて思い始めて、一番しっくりきたトルマリンのリングをボーナス払いで購入することに。

衝動買いしてしまいましたが、不思議なことにあまり後悔はしませんでした。

 

私が買ったのは、パライバトルマリンというきれいな水色の宝石のリングです。

それを指にはめていると、なんだか力が湧いてくるような不思議な気持ちになりました。

お守りになるのかは分からないけれど、きれいなものを身に着けていると、

自然と言動にも気を付けるようになるものですね。

その後会った友人にも、なんだか雰囲気が変わったとほめられることも増えました。

誕生石がお守りになる、という言葉は、守ってくれるというよりも、

自分が生き生きと過ごせるためのパワーの源という意味だったのかな、と思います。

 

しかも、それぞれの誕生石には知らないだけで、いろいろな色のものがあることも知りました。

トルマリンもオパールも、ちゃんとしたアクセサリーショップへ行けば、

いろいろな色のバリエーションの宝石を揃えているようです。

自分の誕生石についてあまり詳しく知らずに、

その宝石は嫌いな色だなと思っているのなら、もったいないかもしれません。

 

自分の人生を輝かせてくれる、ちょっとした魔法だと思って、

アクセサリーショップをのぞいてみるのもいいかと思います。



誕生石365日 関連記事