鬱病になってパワーストーンに救われました

- Category - 誕生石の思い出

私がパワーストーンに興味をもったのは、今から10年ほど前になります。

その頃の私は仕事がとても忙しくとても疲れていて、

ネットを見ていると近所にあるパワーストーン屋さんが目に飛び込んできました。

何か運命的なものを感じ、週末の時間を見つけてそのお店を尋ねてみました。

 

お店はこじんまりとしており、店主のおばさんはとても大らかなオーラを持つ朗らかな方で、

初めて会った気がしない気分でいると、

「あなたは今の仕事がきついでしょう?そんな方だからこそ、私たちは出会ったのね。

パワーストーンに頼るのも良いけど、ちゃんとした心療内科を受診してみたらいかがかしら?」

と言われました。

 

助言を受けてその日は何も買わずに帰ったのですが、

店内を見ていて一つだけ、ヒマラヤ水晶のクラスターがとても印象に残っていました。

 

後日病院を受診してみると、医師から

「鬱病になっているので、今の仕事は辞めた方が良い。しばらくは休養されて下さい」

と診断されました。

「疲れたし、それもそうだな」と自分でも何となく体調がおかしいしと思っていたので、

割とすんなりお医者さんの言葉を受け入れて、しばらく無職で休む事にしました。

 

そして時間を見つけて、再びパワーストーン屋さんを訪れました。

店主のおばさんは「あら、いらっしゃい。今日はとても良い顔をしていますよ」と言われ、

「もしかしておばさんは占いとかもされるんですか?」と尋ねると

「ええ、やってますよ。でも今のあなたには、もし気になるパワーストーンがあれば、

それを持つ事を勧めるわね」と返事をされました。

 

それでこの間見た時から気になっていた、2万円のヒマラヤ水晶を指さして、

「あのヒマラヤ水晶のクラスターがとても気になっていたんです」と言いました。

おばさんが商品を取って「手に持ってみて」と言われたので、

持ってみると温かくて優しい気のようなものを感じました。

そして自分が浄化されるように思いました。

 

「ああ、なんかとても気分が良くて、体の悪い気が抜けて行ってるみたいに感じます。

これ、ぜひ購入したいんですけど、良いですか?」と尋ねてみると

「波長が水晶と合ってるみたいね。水晶もあなたの事が気にいったみたいよ。

ご主人になって欲しいって言ってる」とおばさんが言いました。

嬉しくて、「大事にします」と購入する事にしました。

 

購入する際、説明を受けながら、水晶の浄化の仕方を詳しく書いた紙を頂き、

「基本、水晶は…特にヒマラヤ水晶はとても強い浄化能力があるから浄化は必要ないんだけど、

でもたまには月光浴をさせてあげてね」と教えられました。

「穢れが溜まったかな?って感じたら、

私のところに持ってきてもらえればここでも浄化できるから」

とも付け足されました。

 

それからはきつい時は部屋に戻ってヒマラヤ水晶をじーっと抱いておくと、

疲れがなくなっていく気がしていました。

たまに月光浴もさせています。

そして水晶には常に感謝の気持ちを持って接しています。

水晶が「私を、“自分を買ってくれた人”と認識しているような気も、今は何となく解るようになりました。

 

そして「何だか最近は水晶が元気がないな」と感じた時は、

お店に持って行っておばさんに浄化してもらっています。

すると不思議な事に、20分くらいでパワーと輝きが元に戻るんです。

これはとても不思議で、「何でなんですか?」とおばさんに尋ねると、

「うん、これは私の力のせいなのね。だからなの」と仰いました。

 

初めて購入したヒマラヤ水晶クラスター、今でもとても大切なパートナーです。

おかげで病気も軽くなって、仕事もできるようになりました。



誕生石365日 関連記事