サファイア

- Category - 10大宝石

ルビーがコランダムの中で赤い物だけを指すとすれば、

それ以外のコランダムは全て「サファイア」と呼ばれます。

 

サファイアe

 

一般的には青いコランダムがサファイアとして代表的なものであり、

青色系統が良質なものとされます。

これは、コランダムの結晶の中にチタンが入ることで発生するとされています。

 

特に、目を見張るような青のサファイアを「ブルー・サファイア」と呼びます。

このブルーサファイアは、

インドのカシミール産のものが世界最高級とされ、

「コーンフラワー」と呼ばれ、かつては「カシミール」という名前で売られていました。

ただし、インドのサファイアは現在、枯渇状態にあるようです。

 

サファイアは、その独特の色合いや、宝石にできるほどの大きな結晶など

条件の揃ったものは滅多になく、昔から価値が高いとされてきました。

 

サファイアの日本名は「鋼玉」。

紀元前7世紀頃にすでに人気のあったものとして知られており、

その意味では歴史のある宝石といえます。

硬度は9で、ダイヤモンドに次ぐ硬さです。

石言葉は慈愛・誠実・貞操。

9月の誕生石です。

 

また、サファイアの他に、「スターサファイア」というものもあり、

こちらも同様10大宝石の一つに数えられています。



誕生石365日 関連記事