12月1日の誕生石はアイアン・オパール

 

誕生石名 石言葉 英名 その他の誕生石
アイアン・オパール 思いやりのある行動 iron opal トルコ石

 

12月1日生まれの有名人 今日は何の日?
1933年 藤子・F・不二雄(漫画家) 映画の日

 

よく誕生石というのを聞いたり、見たりします。

各月に因んでつけられた宝石で、自分が生まれた月の石を身に着けると加護がある等言われ、

アクセサリーやストラップ等持ち歩いている人は多くいます。

 

もともとこの習慣がみについたのは、ポーランドです。

宝石商が仕掛け人とも言われていますが、12種類の宝石を選び特別に扱われるというのは

この宝石商が仕掛ける前からあったと言われており、大変歴史の古いものです。

 

では、12月の石を見てみると、トルコ石、ラピスラズリ、タンザナイトと複数あります。

どれを身に着けるかは個人の好みであり、これといった決まりがあるわけではありません。

また、これらの石の選定には宝石業者の都合も含まれているとみられ、

12月の石は全く異なる宝石が選ばれています。

これは、宝石業の競争を避ける為とも考えられています。

しかし、選ばれた宝石を身に着けるという習慣は昔からあるものであり、今でもよくみられる習慣です。

 

これまでは12月の誕生石を書いてきましたが、実は365日の誕生日石というのもあるのです。

12月1日の場合、アイアン・オパールという石です。

石にはそれぞれ意味があり、このアイアン・オパールは思いやりのある行動という意味をもっています。

 

あまり365日誕生石があるというのは聞くものではありませんが、

月の石を持つのも良いですが、自分の誕生日その1日のみに定められた石の宝石、

ジュエリー等を身につけてみるのも良いでしょう。

 

よくパワーストーン等とも言われますが、12月1日のアイアン・オパールは幸せを呼ぶ石とも言われています。

自分の誕生日の石を調べて、身につけてみるのも石の加護を受けたい人には1つの方法でもあるのです。



誕生石365日 関連記事