6月16日の誕生石「ブルー・オパール」について

 

誕生石名 石言葉 英名 その他の誕生石
ブルー・オパール 爽やかな愛情表現 Blue Opal ラピスラズリ

 

6月16日生まれの有名人 今日は何の日?
1939年 山本晋也(映画監督) 和菓子の日

 

6月16日に誕生石である「ブルー・オパール」は、

オパール全般にいえることなのですが、癒しを与えてくれる効果はもちろんのこと、

幸運を呼び込む力が強いパワーストーンです。

 

創造的な感性に働きかけ、内面の才能を伸ばす力に優れていることから、

アーティストの石と呼ばれています。

いろいろなアイディアも次々と浮かんでくるようになるでしょう。

 

6月16日の誕生石ブルー・オパールには、今までストレスを感じていた事柄に対しても、

まったくストレスを感じることがなく、自然に行動できるようになる効果があります。

また、爽やかさの象徴といわれることもある石であり、

まさに爽やかなエネルギーに溢れたパワーストーンです。

 

ブルー・オパールの宝石言葉は、「爽やかな愛情表現」となります。

そのために、恋愛運に効果があります。

 

古来ブルー・オパールは、魔力を備えた石とされており、

古代ローマでは「神の石」と呼ばれていました。

眼の石として扱われ、人々にもたらされるさまざまな眼の病を治してくれる

魔力効果があると信じられていました。

 

ブルー・オパールは、健康面では、鉄分の吸収を高めてくれたり、

新陳代謝を盛んにしてくれる効果があり、疲労回復にも良いパワーストーンとされています。

そのほか、最近では感情を互いに理解し合うことができる、

または意思疎通や協調性の面で効果的であるとされています。

また、自己が持つ表現能力を高めてくれたり、

コミュニケーション能力を向上させてくれる石となります。



誕生石365日 関連記事