8月26日、8月27日、8月28日、8月29日、8月30日、8月31日の誕生石

8月26日

トルコ石

石言葉:神聖な愛

トルコから産出せず、

ヨーロッパより遠いオリエンタルなシナイ半島から

トルコ経由でやってきた不思議な宝石といわれたトルコ石。

その力は、危険や邪悪なエネルギーから持ち主を守り、

勇気と幸福をもたらす石として大切にされてきました。

その意味から、現在でも旅行のお守りとして、

人生の旅を守護する石として親しまれています。

 

 

8月27日

アパタイト・キャッツ・アイ

石言葉:ソフトな惑わし

ギリシャ語の惑わしの意味を持つモース硬度5のアパタイト。

猫の目のように動くキャッツ・アイ効果をシャトヤンショーと呼びます。

これは宝石の内包物からの光の反射。

アパタイト・キャッツ・・アイは古くから目を守る、

邪悪、邪眼除けのお守りとされてきました。

 

8月28日

モモ珊瑚

石言葉:慈しむ愛

海が育てた宝石・珊瑚は

歴史的にも古く約2000年前のものが

イタリアより出土しました。

枝状に形成されるところから植物と思われていました。

モース硬度は4の傷つきやすい宝石。

万が一傷ついていても、物によっては再研磨が可能です。

 

8月29日

グリーンド・アメシスト

石言葉:変化

紫水晶アメシストに650℃前後の熱を加えて

緑色に変化したものを

グリーンド・アメシストといいます。

すべてのアメシストが色変化を起こすのではなく、

そうした要素を持つものに限られます。

希少性が高く不思議な宝石です。

 

8月30日

トンボ玉

石言葉:多種多様

紀元前3000年ごろメソポタミアに始まり

古代エジプト、中国、日本など世界の古墳より出土。

ビーズとして作られ首飾りなどに使用されています。

由来は模様がトンボの目玉に似ていること。

またTomb(墓)の日本語化ともいわれています。

素材、模様、型も多種多様です。

 

8月31日

モス・アゲート

石言葉:心の栄養

クォーツ内部にコケが生え広がったようなモス・アゲート。

和名は苔めのう。

マンガンや他の鉱物の結晶が緑色、黒色、赤茶色などを示し

内包物として含まれ模様を現します。

 

モス・アゲートは、植物のような模様を内包していることから、

自然の恵みを与え、富と繁栄をもたらす石と言われています。

この地球に生まれてきたことに対する喜びや豊かさ、

生きることの素晴らしさをたたえ、生命や人生を大切にすることを教えてくれます。



誕生石365日 関連記事