8月2日の誕生石「ブルー・クォーツの勾玉」

 

誕生石名 石言葉 英名 その他の誕生石
ブルー・クォーツの勾玉 生命の誕生 Blue Quartz アイオライト

 

8月2日生まれの有名人 今日は何の日?
1941年 ポール牧(コメディアン・僧侶) カレーうどんの日

 

8月2日の誕生石である「ブルー・クォーツの勾玉」は、

古代から「魔を避け、幸運を授かるもの」とされていました。

 

古代の日本における装身具のひとつであり、

丸く膨らんだ一端に穴をあけて紐を通し、首飾りとしました。

孔のある一端を頭、湾曲部の内側を腹、外側を背と呼びます。

宝石言葉は、「生命の誕生」となります。

 

8月2日の誕生石「ブルー・クォーツの勾玉」のパワーストーン効果については、

クォーツにトルマリンが入ることによって、パワーストーンとしての効果が倍増されています。

過去のトラウマを捨て去り、前向きに生きていくことに効果があります。

また、前向きになることで人に好印象を与え、人間関係を良好にする効果もあります。

 

天然水晶の青や赤は極端に少なく、市場に流通している大半は、

無色透明の水晶をブルーに変色させた加工石の人工結晶となります。

巴型・コの字型・コンマ型のその形状は、動物の牙であったとする説や、

太極図を表すとする説、母親の胎内にいる初期の胎児の形を表すとする説など、

諸説存在しています。

 

また、ブルー・クォーツは本来、ブルー・トルマリンの繊細な針が、

インクルージョンされた藍針水晶のことを指します。

 

ブルー・クォーツの勾玉は、目標が達成できるよう根気強さを養い、

粘り強い精神力を維持するように、働きかけるとされています。

サイキックな面に反応し、第三の目を開くサポートを行うとされ、

瞑想に使用すればスピリチュアルな世界との交信を手助けし、

本来の目的の達成に役立つとされています。



誕生石365日 関連記事