8月29日の誕生石「グリーンド・アメシスト」

 

誕生石名 石言葉 英名 その他の誕生石
グリーンド・アメシスト 変化 Greened Amethyst アイオライト

 

8月29日生まれの有名人 今日は何の日?
1632年 ジョン・ロック(哲学者・社会契約論) 焼き肉の日

 

皆さんは「グリーンド・アメシスト」という宝石を知っていますか?

 
これは8月29日の誕生石で、

透き通るような透明の球体が基本的な形として加工されて出回っています。

 

一般的には、ダイヤのような知名度はありませんが、

一部のファンからは熱烈に愛されている宝石です。

それで今回は、この「グリーンド・アメシスト」の紹介をしてみたいと思います。

 

この宝石は、従来の原産地はブラジルと言われていて、

心身の疲れを癒し、周囲の空間を浄化させ、

あらゆる運気を好転させると言われています。

 

その元となる産出石は、熱処理の段階で変色し、

黄変したものは「リオグランデ・シトリン」と呼ばれ、

緑変したものは「グリーンド・アメシスト」と呼ばれるのです。

 

そして近年では、広くアフリカからアメリカ、オーストラリア、

メキシコ、ロシアからも産出され、広く多くの人達に愛されてきました。

 

さらにこの宝石は、独自の癒し効果だけに留まらず、

アマゾナイトやスターローズクォーツのような他の宝石と組み合わせて持つ事で、

その癒し効果を増大させると言われています。

 

そんな話を聞いただけだと迷信のように思われる人もいるかもしれませんが、

宝石にはトルマリンのように、実際の浄化効果を認められて、

日用品として使われているものもあり、

一概に迷信として片付ける事はできません。

実際、「グリーンド・アメシスト」の癒し効果にも、正式な報告がされているのです。

 

このようにその実用性でも注目すべき「グリーンド・アメシスト」は、

ただの「8月29日の誕生石」という事で、その日生まれの人にだけ持たせるのは、

あまりにもったいない優れた宝石なのです。



誕生石365日 関連記事