3月15日の誕生石は明るさと成功をもたらすオレンジ・ムーンストーン


3月15日の誕生石 オレンジ・ムーンストーン
石言葉 Promote Love
英名 Orange Moonstone
その他の誕生石 ダイヤモンド
3月15日が誕生日の有名人 1991年 北乃きい(女優)
3月15日は何の日? 万国博デー
3月15日の誕生花 クレソン

 


 

誕生石の説明 3月15日に生まれた人の誕生石はオレンジ・ムーンストーンです。

オレンジ・ムーンストーンは白色のムーンストーンの一種で、

人の感情に作用する力が強く、悲しみや怒りで波立った心を鎮静させてくれます。

女性性を高める石なので、女性特有の生理痛や出産の痛みを和らげる作用があるとも言われています。

 

3月15日の誕生石は女性向けの石と思われがちですが、

愛を成就させ、結婚、幸せな家庭へと導いてくれるオレンジ・ムーンストーンは、

男女を問わず、愛に溢れた人生の手助けをしてくれるでしょう。

 

また、インスピレーションを高めて感受性を豊かにし、潜在能力を引き出してくれるので、

創造性や芸術性を高めたいときにも力を貸してくれます。

 

また月が夜空で旅人が道に迷わないよう暗闇を照らしてくれたように

「月の石」言われているムーンストーンも

人生の迷いを振り払って確実に前に進めるようにサポートしてくれます。

 

オレンジ・ムーンストーンはムーンストーンよりも明るさと力強さを備えていて、

コンプレックスを乗り越えて隠れた力を引き出してくれます。

感受性が強く繊細でやさしい3月15日生まれの人を力強くサポートしてくれるでしょう。

 

パワーストーンを身につけたら、定期的に浄化してあげましょう。

浄化することで、パワーストーンの本来のパワーを半永久的に維持することができます。

浄化方法はクラスター、セージ、月光浴、日光浴、流水などがありますが、

月のパワーを持つオレンジ・ムーンストーンは日光浴は避けてください。

 


 

誕生石はコチラで購入できます

 


 

誕生石にまつわるエピソード

心の安定剤として、そして自分のガイドとして大切に扱いましょう

昨年末からいろいろと体が不調になったり、家庭関係がうまくいかなくなったりと、

何かとマイナスなことがとても多くなってきました。

 

一人で解決できる状態ではなく、友達に何気なく話しをした際に、

「実家の近くにパワーストーンを作ってもらったことがあった。

それを身につけていると気持ちが変わる。

身につけていないと水晶が濁ってしまった。」

などという話しを聞いて、パワーストーンに興味を持ち始めました。

 

ネットでパワーストーンについて調べ始めました。

わかったことは、

・天然石だとより効果が得られること

・石によって発揮される力が違うこと

・最近はファッション感覚で身につけることができること

・自分の好きな石を選ぶことができること

・店舗によっては占い付きで石を選んでくれることができること

・石は毎日身につけると効果的ということ

・石は定期的に浄化が必要だということ

でした。

 

そして天然石を売っている店舗を調べ、

事前に自分の悩みや今欲しい力の石について調べていきました。

 

私が購入したのは大阪の「眞石や」さんというところです。

店舗に入ると本当にたくさんの石があり、キラキラとした石を見ていると心が奪われそうでした。

 

事前に調べていた石を店員さんに伝え、

家庭運の上がるオレンジ・ムーンストーンを使ってブレスレットにすることに決定。

 

自分の手首のサイズを確認し、そこから石とカット水晶を入れて

つけやすいデザイン・色味に仕上げていきました。

 

実際に店舗にいくといろいろと考えて2時間くらい作成までにかかったと思います。

けれど店員さんは嫌な顔1つせず、ずっと相談やアドバイスに乗ってくださいました。

 

出来上がったブレスレットは、2万円ほどでした。

石の種類にもよるのですが、この店舗は「天然石」のみ扱っていますので、

少し金額は張ってしまいます。

しかし、後悔はありませんでした。

 

ブレスレット完成後、その場で浄化をしていただきました。

私の場合、いつも肌身離さず身につけることで(お風呂では外してください)、

「守ってくれている」という気持ちが大きくなってきました。

 

これまでマイナスのことばかり考えていたことが、

プラスに考えることができるようになったのも事実です。

 

例えば、卵を床に落として割ってしまったとします。

マイナス思考だと「最悪だ・・・」と思うだけだったのですが、

プラス思考になると「もったいないことをしてしまった・・・

けれど普段掃除しないところが掃除できたと思おう!」

など考えることができるようになりました。

 

石は浄化をすることが必要となりますので、

私はハート形の天然塩(ローズソルト)に入浴中にそっと重ねて置いておくようにしています。

友人が「水晶が濁った」と言っていましたが、浄化作用なのか、

私の場合は全く濁ることもなく綺麗に輝いています。

 

パワーストーンを購入することで大切なことは、「石に」頼るという気持ちではなく、

「自分の気持ちの安定剤」として使うことです。

パワーストーンが何もかも良い方向に向かわせてくれるわけではなく、

「お守り代わり」として大切に扱うことが自分にとってプラスに向かうガイドをしてくれると感じます。


タグ:


気になるあの人の誕生日をチェック♪