3月16日の誕生石でもあるローズ・クォーツ


3月16日の誕生石 ローズ・クォーツ
石言葉 愛を伝える
英名 Rose Quartz
その他の誕生石 アクアマリン
3月16日が誕生日の有名人 1751年 ジェームズ・マディスン(元米大統領 )
3月16日は何の日? 国立公園指定記念日
3月16日の誕生花 ミント

 


 

誕生石の説明 3月16日の誕生石というとローズ・クォーツです。

この石は紅水晶と呼ばれる場合もあります。

淡いピンク色が綺麗な石で、女性の人気も高いです。

 

この石は恋愛に関する事に対してパワーを発揮すると言われています。

新しい恋を呼び込み育む、恋愛による心の傷を癒すといった作用があります。

そのため、3月16日生まれの人がお守り感覚で誕生石を持つ以外にも、

癒されたい人や失恋から立ち直りたい人等が持つのに最適の石です。

 

また、この石はギリシャ神話に出てくる

美の女神のアフロディーテと関連付けて語られる事が多いです。

そのため、美的な感覚を高めるパワーを期待出来るので、

クリエイティブな仕事に就いている人が持つにもふさわしい石とされています。

 

ローズ・クォーツは水晶の一種です。

水晶というと普通は柱状に結晶して大きくなっていきます。

しかし、この石が柱状に結晶していく事は珍しく、

ほとんどの場合には岩の様な塊で産出されます。

ごく稀に柱状の物が産出される事もありますが、非常に小さい物が多く、

1cm以上の物はかなり貴重だと言えます。

 

この石は紫外線に対して弱いという特徴を持っています。

長時間に渡って紫外線を浴びていると、特徴であるピンク色が抜けてしまう恐れがあります。

そのため、出来るだけ日光は避けて保管するように注意する事が大切です。

 

また、こういった特徴からローズ・クォーツの浄化に日光浴は向いていないです。

水晶クラスター等による浄化が最適です。

 


 

誕生石はコチラで購入できます

 


 

誕生石にまつわるエピソード

母からプレゼントされたローズクォーツで変わった人生

私は3月16日生まれで、誕生日石はローズクォーツです。

今年の誕生日に、母がプレゼントしてくれました。

 

実家を離れ、県外の大学に通っていた私。

大学生活は楽しくて、一人暮らしも自由で、とても充実した生活を送っていました。

 

大学生活は楽しいけれど、一度家に戻ると、なんだか寂しくなってしまいます。

そんな私のことを考えて、母は19歳の誕生日に、

誕生石であるアクアマリンのネックレスをプレゼントしてくれました。

 

20歳の誕生日は、節目の年なので他のものを貰ったのですが、

21歳の誕生日に、ローズクォーツのピアスをプレゼントしてもらいました。

とても華奢で、ほんのりピンクで、とてもかわいらしいピアスです。

素敵すぎて、使うのがもったいない!と思ってしまいました。

 

ローズクォーツは、ほんのりピンク色をした宝石です。

そして愛の象徴とされています。

その見た目、色から、愛の女神の息吹がピンク色になったといわれているほどです。

過去の傷を癒してくれたり、人との出会い、女性らしさをを高めてくれるといわれています。

日本では「紅水晶」「ばら石英」などとよばれています。

 

かわいらしい見た目で、ずっとつけていたいと思いますが、紫外線に弱いのが特徴です。

紫外線にずっと当たると、色が抜けてしまう可能性があります。

 

主な産地はブラジルで、結晶は高価な値段で取引されることがあります。

かわいらしい、薄いピンク色で、ながめているだけで心が癒されます。

 

私は、高校生の時から、片思いを続けていました。

失恋して、それでも忘れられなくて、ずっとその人のことを引きずっていました。

でも、そろそろ忘れて前を向かなくちゃ。

そう思ってはいたのですが、どうしても忘れられません。

 

なにかつらいことがあると、ついその人のことを思い出してしまいました。

そのたびに、忘れられない、未練のある自分自身を嫌いになっていきました。

自分に自信が無くなっていきました。

 

母が誕生日にプレゼントしてくれて、母のあたたかさ、やさしさを再確認しました。

私は今、その彼と付き合うことができています。

そして来年、結婚を控えています。

なぜこうなれたのか。

それはきっと、ローズクォーツのピアスを母がプレゼントしてくれたからではないかと思います。

 

ローズクォーツは、別名「ラブストーン」と言われるほど、愛に関係のある宝石です。

 

私は自分ことが許せませんでした。

自分のことが嫌いでした。

見た目も嫌いだし、こんな性格も嫌いだし、とにかく嫌いでした。

でも、自分のことを自分が好きでいられなかったら、

やることなすこと全部うまくいかなくて当然ですよね。

 

母がプレゼントしてくれて、かわいいピアスをつけて、外に出ることが増えました。

ここぞという時につけて、そのかわいさについ鏡を見ることが増えました。

このピアスがもっと似合うようにとダイエットをしたり、かわいい服を選んだりもしました。

なんとなく、段々と自分に自信が持てるようになっていきました。

 

ローズクォーツは恋愛の宝石と言われています。

でも、人を好きになるのにはまず自分を好きにならなくてはなりません。

自分のことが嫌いな私の恋愛がうまくいくには、

自分に自信をもって、自分を好きになることが大切だったんです。

 

ローズクォーツは、自分のことを好きにさせてくれる、

そんな効果があるといわれています。

 

自分に自信がないと、つい人と自分を比べてしまいますよね。

自分より能力の高い人を見ると、悔しく思ったり、妬ましく思ってしまうこともあります。

そんな性格では、自分を好きになることもできないし、人を好きになることもできません。

そんな悪循環を断ち切ってくれる役目をもっている、ともいわれています。

 

学生時代、サークルに所属して毎日活動に参加していました。

とても楽しい毎日を送ることができました。

人間関係で揉めることもなく、円滑な人間関係を築くことができました。

 

ローズクォーツは、人間関係を円滑にしてくれる効果もあるそうです。

自分に自信が持てるようになって、人間関係もうまくいくようになって、

段々と生活が楽しくなっていきました。

 

そんなとき、私の楽しい生活がもっと楽しくなるような出来事が起こりました。

片思いをしていた彼と連絡をとることができ、会うことになったのです。

電車で一時間ほどの場所に住んでいたのですが、彼は私に会いに来てくれました。

とても久しぶりだったのに、これまでの時間を感じさせないほど楽しく話すことができました。

 

そして、私の変わった見た目を見て、「かわいくなったね」と声をかけてくれました。

とてもうれしくて、これまで頑張った私をはじめて褒めることができたし、

もっとがんばろう!と思えるようになりました。

 

ローズクォーツのピアスを、彼は褒めてくれました。

それから彼と付き合って、同棲して、幸せな毎日を過ごしています。

 

私にとって、母からもらったローズクォーツのピアスは、お守りです。

いつも身に着けることができて、私を守ってくれて、光へ導いてくれています。


タグ:


気になるあの人の誕生日をチェック♪