3月8日生まれの誕生石はアメシスト原石


 

誕生石名 石言葉 英名 その他の誕生石
アメシスト原石 守護 Amethyst Rough パール

 

3月8日生まれの有名人 今日は何の日?
1939年 高木ブー(タレント) みつばちの日

 

3月8日生まれの方の誕生石はアメシスト原石です。

この誕生石はパワーストーンとも呼ばれています。

 

パワーストーンにはそれぞれ意味が込められており、

3月8日生まれの誕生石であるアメシスト原石には「守護」を表す石言葉があります。

 

この日に生まれた方は、変化を好む性格であり強い能力をもっています。

魅力的でありながらもどこが無愛想、誠実なのに時に強引になってしまうなど

両極端なバランスをもつ傾向にあるため、自分自身に違和感を感じることもあるでしょう。

その為、精神が不安定になったり周囲に反発する態度を取ってしまうこともしばしば見受けられます。

 

そんなあなたの印象は、少々落ち着きのない人と思われてしまいがちです。

ですから、自分をサポートしてくれるパワーストーンをお守りとして

バッグに忍ばせておくことをおすすめします。

 

この石には自分の内面と調和し、精神状態を安定させる作用があります。

また、他人と調和をとる事に対し有益に働きかけてくれます。

人を助け笑顔にする優しい女神様のイメージをもたれているアメシストのパワーストーンは、

古くから知られている歴史ある宝石です。

 

紫色の六角水晶のアメシスト原石は、特別な手入れも必要ないので

気軽にファッションやライフスタイルに取り入れることが可能です。

 

芸術的思考を持ち、周囲の環境にも恵まれ、

世渡り上手な魅力をもっているのが3月8日生れの特徴です。

この誕生石には、楽しい人生を謳歌しながらもそれに酔ってしまうことなく、

他人に気配りが出来るようにというメッセージも込められています。

 

 

 

誕生石の思い出

私の誕生日は3月8日です。

誕生石はアメシスト

 

誕生石に興味を持ったきっかけは、小学生のころの学校での何気ない会話からでした。

 

ある女の子が、誕生石というものがあり

生まれ月ごとに宝石が決まっていると言う話をしたことがきっかけで、

その場にいた同級生それぞれの誕生石は何なのかどんな石なのかと話した時からでした。

その後しばらくは新しく知った誕生石というものに夢中だったと思います。

 

しかし子供だったので本物の宝石を見る機会があまりありませんでした。

自分の誕生石はアメシストだったのですが、

写真で見るくらいで実物は見たことがありませんでした。

 

少し成長してからデパートの宝石売り場を通りかかった時にやっと実物を見ました。

その時見たアメシストは、丸くツルツルにカットされ

キラキラした小さなダイヤモンドが回りを囲み

地金はホワイトゴールドのとても豪華なものでしたが、

子供の目から見るとおばさん臭いデザインに見えてあまり魅力を感じず、

少しがっかりしました。

子供の感覚だと大人とは違って、好みが片寄っていたようです。

 

他の同級生には透明感のある宝石が人気だったようで、

12月の誕生石のトルコ石は人気がなく、

12月生まれの子がつまらなそうな表情をしていると、

12月の誕生石は他にもペリドットがある、と言ってあげている子もいました。

意外と誕生石の話は子供心を掴むのか、その後もたまに思い出したように話題になっていました。

 

その後しばらく誕生石のことは忘れていました。

誕生石を購入したのはもう少し時間のたった十代のころで、

お正月にデパートに行った時、一階の雑貨売り場の一角のアクセサリー売場に、

小さな宝石パーツがあり、自分で好きなパーツを選んで

アクセサリーに仕立てる形で売られていました。

 

石の直径が3~4ミリ代くらいの本当に小さな石の回りを金色の細い枠が囲んでいて、

チェーン等とつなぐ為の丸カンをつける穴がついているだけのものでしたが、

誕生石ごとに色とりどりに光っていてとてもきれいでしばらく眺めていました。

 

自分の誕生石はアメシストだとその時思い出し、

アメシストのパーツを見てみると、色白の人に似合いそうな紫色で、

小さい時とは違い、とても魅力的な石に見えました。

 

値段を見ると、小さいわりに三千円と少し高めでした。

その時すぐには買わず、数ヶ月後にお金をためておいて買いました。

 

家に持ち帰り、薄い白い紙にを開けてアメシストを見ていると、

パワーストーンという考え方は知らなかったのですが、

きれいなものを見た気分の良さに浸れました。

 

とても気分が良くなり、石自体もとてもきれいだったので、

このアメシストを自分の気分を良くするお守りがわりに使うことにし、

他のペンダントについていた金色の細い鎖に通し、身に付けることにしました。

 

とても小さい石だったので、つけていてもほとんど目立たず、

つけているかいないか分からないくらいでしたが、

そういうところが自分だけにわかる楽しみになっていてかえって良かったです。

 

制服を着ているときにつけると、全部隠れてしまい外からは分からずに着けられるので、

学校に着けていくこともありました。

テストの時などはアメシストを少し触ってみたりして気分を落ち着かせていました。

 

今思うとアメシストはいいお守りがわりをしてくれていたと思います。

パワーストーンの効果は全く信じていませんが、好きな宝石を手に入れた時の嬉しさや、

なんとなく心の頼りになる感じはとても良くわかりました。

 

大人になってから、18金の鎖に付け替えてみたら

また今までとは違う石のきれいさが引き立てられた感じがしました。

しかしそれだけでは本当に小さすぎたので、

他の石やパーツと組み合わせて使っていましたが、

それまでと変わらずお守りがわりになっていました。

 

ずっと愛用していたのですが、何回か引っ越しをしていたためかどこかへ無くしてしまいました。

それでも十数年持っていたと思います。

 

無くしてしばらくたってから、時々似たような宝石パーツがないかと探しても見つけられませんでした。

ネットで探してもあの石と同じ細工で仕上げてあるものが以外と無くて、

お店に行けばあるのかと、出掛けたついでに浅草橋のビーズ専門店に見に行ってみましたが、

同じ様なものはありませんでした。

 

今では購入してから数十年がたってしまい、

あのころと同じ質と値段のものがもしかしたら無いのかなと思っています。

今はあの小さな石を身につけて楽しめたり、心の落ち着きが得られたりしたことがいい思い出です。




誕生石365日 関連記事