6月12日の誕生石「マベ・パール」


6月12日の誕生石 マベ・パール
石言葉 魅力
英名 Mabe Pearl
その他の誕生石 シトリン
6月12日が誕生日の有名人 1924年 ジョージ・ブッシュ(元米大統領)
6月12日は何の日? 恋人の日
6月12日の誕生花 もくせい草

 


 

誕生石の説明 6月12日の誕生石である「マベ・パール」は、美しさを表す石です。

身につけると美しく、やさしさを感じさせる人になれます。

持つ人の魅力をアップし、新しい恋愛を運んでくれるパールです。

守護の意味合いが強い石であり、持ち主を危険から守ってくれます。

 

6月12日の誕生石「マベ・パール」の宝石言葉は、「魅力」です。

 

マベ・パールは、タヒチのマベ貝からとれるパールのことで、半円形の真珠です。

少し青みがかったような色合いで、大きくて大変見栄えがするパールです。

独特の見事な真珠層を持っており、キメが細かいので、年数が経過しても色艶が変わりません。

 

効果については、強い保護力があり、特に現実を受け入れて、

強く生きる力を与えてくれるパワーストーンです。

 

古くは、クレオパトラが酢にパールを溶かして、

美容と健康のために服用したという話が有名なパールは、

真珠を育むことができる「母貝」が、体内に入れられた異物(核)を、

分泌液で包み込んでできるものです。

 

前述しましたように、マベ・パールは、マベ貝を母体とする真珠のため、

貝殻の内側に核を接着するために、大きな粒がとれるという特徴があります。

 

マベ貝はおもに、紀伊半島・奄美大島・香港・台湾・インドネシア・

カンボジア・スリランカ・タイ・ニューカレドニアなどの海域に生息しています。

ほとんどが半円の真珠が多いのですが、近年では養殖技術の向上によって、

球状のマベ・パールも可能となってきています。

 


 

誕生石はコチラで購入できます

 


 

誕生石にまつわるエピソード

結婚の女神ジュノーの月に生まれた私の誕生石は真珠です

私の誕生月は6月12日です。

6月は英語で言うとJune。

ローマ神話では結婚の女神ジュノーの月ですよね。

だから6月に結婚すると幸せになれるというジューンブライドの月です。

 

とてもロマンチックな月に生まれた私の誕生石は真珠です。

私は個人的に宝石好きでその影響は母からきているのです。

母も宝石が好きでそれは私の祖母から来ていてつまり私の宝石好きは遺伝ですかね。

 

そんなせいもあって私が高校生の時に始めて母が小さな真珠のピアスをプレゼントしてくれました。

私立の高校で校則が厳しかったので当時はつけることが出来なかったのですが

卒業して大学に行くようになったらピアスもできるのでその時まで取っておくことにしました。

パールはフォーマルな場で使えるので良い物をそろえておくと良いという母の教えです。

 

それに私は6月生まれなのでプレゼントはパールが多くなりました。

大学の入学祝いにもパールのネックレスをもらいました。

大人の仲間入りしたみたいでとてもうれしかったです。

 

それ以来、母からは誕生日プレゼントといえば誕生石のパールでした。

ブレスレットやネックレスなど色々もらってうれしいのですが

たまに他のストーンも欲しかったです。

 

それに大学生の頃はローズクォーツとかピンクの石が好きで

パールはほとんど付けないことが多かったんです。

真珠のピアスは何にでも合うのでちょっとお洒落する時は付けていましたが

その他は箪笥の肥やし状態でしたね。

 

私は宝石に興味があるのでパワーストーンの本を買ったりネットで調べたりしているのですが

6月12日の誕生石である真珠には恋愛効果を高める力があるってよく書いてあるんです。

だからここぞという時やデートに行く時はパールのアクセサリーをして行きます。

 

きっと真珠のせいではないのでしょうがあんまり効果感じたことはありません。

パールどうこうじゃなくて私の女子力を高めないといけないですね。

 

パールのアクセサリー自体はとても可愛いのでよく褒められます。

特に年齢が上の女性の方々からはよく褒めてもらいます。

おそらく問題は真珠の美しさに見合う女性に私がまだ成りきれていないことだと思うんです。

真珠に負けてるって感じですね。

 

でも確実に若い頃より今の方が真珠の良さがわかってきました。

包み込むような優しい淡い輝きがとっても好きです。

それに今の自分の方が高校生だった時より真珠が似合うと思うんです。

大人になってから自分が6月12日生まれで、誕生石が真珠でよかったなって実感してます。

 




気になるあの人の誕生日をチェック♪