6月4日の誕生石「オドントライト」


6月4日の誕生石 オドントライト
石言葉 攻撃と防御
英名 Odontolite
その他の誕生石 ムーンストーン
6月4日が誕生日の有名人 1975年 アンジェリーナ・ジョリー(女優)
6月4日は何の日? 虫の日
6月4日の誕生花 オールドローズ

 


 

誕生石の説明 6月4日の誕生石である「オドントライト」は、グリーンやトルコ石のような色合いで、獣の骨や牙の化石といわれています。

動物や象の骨・歯の化石のことで歯玉石のことです。

ボーントルコ石」と呼ばれることもあります。

 

オドントは、ギリシャ語で「歯」を意味し、歯や骨に関するパワーはありますが、

トルコ石と比較するとパワーはやや低めとなります。

 

太古の獣のパワーが宿るパワーストーンとされており、

攻撃と防御のバランスをとってくれる石です。

身体能力を向上させて、体の健康を保ってくれます。

ゆえに、病弱な人にもおすすめしたい石です。

 

特に、骨や歯を丈夫にする効果があります。

また、身体能力だけではなく、精神的な強さも養ってくれます。

 

6月4日の誕生日の人以外にも、

少しのことでは落ち込まないタフな精神力や、

自信を持って進められる、活力をもらえる効果がありますのでおすすめします。

 

誕生石オドントライトの石言葉は、「攻撃と防御」となります。

化石であることもあって、モース硬度は5と低いために、衝撃には注意が必要です。

 

オドントライトは、男性が持つとよりその強さと守備を向上させるので、

家庭を守り、女性を守り、自分自身を守る、そんな力をサポートしてくれます。

少し男性的な石であり、闘争心に溢れるパワーストーンとなります。

 

現在、オドントライトは殆ど流通していません。

採掘していたのは、19世紀までですので、本物を入手することは非常に難しいのが現状です。

 

また比較的入手しやすい6月4日の誕生石には「ムーンストーン」があります。

 


 

誕生石はコチラで購入できます

 


 

誕生石にまつわるエピソード

友達から送られた誕生石のムーンストーンに救われました。

私は誕生日が6月4日の男です。

これは私が3年前の話です。

転勤で地元ですが別の支店に行きました。

 

ハードな支店で、そこには上司のM課長が居ました。

実力もあり厳しい人でした。

 

私は赴任早々反りが合いませんでした。

何かあればすぐ怒鳴る。ミスを指摘される。

これが続きました。

 

本当は私を育てるために指導してくださり厳しくしてくれたのですが、

その時は全くその意図に気づいてはいませんでした。

 

何だこの人は・・・とか、感情的に抑えてましたが

中々指導された指示通りの仕事が出来はしませんでした。

 

私と同じ時に別の支店からきたAさんも同じようにやられてました。

Aさんも厳しい指導が虐めと感じたみたいで

日に日に顔色が青ざめて、やがて夏の手前には体調を崩し入院し、うつ病と診断されました。

 

Aさんがそこまで追い込まれるとはショックでした。

私は本気で仕事を辞めて転職しようか考えました。

 

当時は会社の環境が業務形態の変化と混乱と変換期の間で誰もが戸惑っていました。

でも家族も居て簡単に辞めるわけにはいかない。

辞めてもしたい仕事や行く場所があるのか?

好条件の会社はない。

今よりベースダウン覚悟の転職までは考えてませんでした。

自分なりにプライド持って仕事をしてました。

 

Aさんが復帰するまで私はAさんの携わっていた仕事もすることになりました。

自分の仕事も同時進行し、終わったらAさんのプロジェクトをやる。

 

不慣れな事やわからないこと。

時間も非常に掛かり直ぐに帰れない。

残業ばかりで次第に嫌になってきました。

休みもなかなか体が疲れが取れませんでした。

 

それが冬の繁忙期まで続きました。

私は何をやってもMさんに叱られてばかり。

そして、遂に限界が来ました。

 

ある冬の朝出社し、書類や仕事の段取りでミスがあると怒鳴られました。

それは私のミスでなく他人の失敗でした。

私は謝りました。

ですが、Mさんは「お前やる気あるのか?会社大変な時期だぞ。ここが正念場だ!

できないなら他の場所に行けよ!」

 

普段キレない私も流石に頭に来ました。

「そうですか。わかりましたよ。私も課長の指示通りできないですよ。

他の優秀な人にお願いすればいいじゃないですか?いつでも辞めますよ!」

と口論になりました。

 

朝から怒鳴っていたので次第に気分が悪くなり、途中でトイレに。

トイレで気持ち悪くなり吐きました。

その後気を取り直して仕事しようと思いました。

 

が、身体が動かない

心臓がバクバク鳴り息が過呼吸気味。

苦しくて心臓が止まるかと思いました。

汗が流れ止まらない。何をしたらいいのかわからず涙が止まりませんでした。

私の事を気にした上司がトイレに来てくれて状態を察し帰れと促してくれました。

 

退社しました。

私は車で通勤していました。

ですが、車に行くのも歩いて3分で突くのにたどり着くまで10分以上もかかる。

車の運転席に乗りましたが、何をすればいいのか?

運転も出来る状態でなくやっとスマホを弄れる状態でした。

家族に電話し迎えに来てもらいました。

 

来てもらい車を運転してもらった頃雪が降ってきて寒くなりました。

家族は心配し、私を病院に連れて行ってくれました。

この間心臓の鼓動が遅くなることはなく早いままでした。

でも顔色は青白い。

 

運よく空いていて急遽診察してもらいました。

症状からストレスによるパニック障害と診断されました。

私は上司に報告し、1週間休めと命じられました。

 

私は家に帰り少しは動機や体の火照りが収まりました。

でも、今後どうしたらいいのか。

仕事を続けるべきか?不安で眠れませんでした。

 

そんな際にLINEが来ました。

それは友達のU君でした。

中学からの地元の友達でずっと仲良し。

たまに飲みに行ったり食べに行ったりする中でした。

 

「大丈夫?元気か?」の連絡で私は自分の今の状況を包み隠さず伝えました。

するとU君は、「とりあえず休んで寝る事だ。3日後に君の所に行く。

以前助けてもらったからな。今度は俺の番だ。君を見捨てない。」

との返信が来ました。

よくわかっていませんでしたが嬉しくて直ぐに寝れました。

 

その後U君が私を救うために一つの誕生石を持ってきてくれるとはまだ知りませんでした…

 

3日後、午前中にU君は来ました。

U君は箱を持ってました。

「直ぐに効くかはわからない。でもないよりきっといい。

俺はこれが君を救ってくれると信じている。これをプレゼントする。」

と箱をくれました。

 

私は箱を開けました。そこには一つの石がありました。

青色や白色に見えた石でした。

「これは君の6月4日の誕生石。ムーンストーンだよ。」

とU君は教えてくれたのです。

不思議な色に見えたその石をみて私は初めてだったのと

やたら気持ちが落ち着いたのを今でも覚えています。

 

「ムーンストーンはね、マイナスエネルギーに染まらない自浄する強いパワーがある。

月の波動が癒してくれる。自分自身も見つめなおせるはず。

感情的になったり疲れた時のヒーリング効果があるよ。」

とU君は笑顔で言ってくれました。

 

U君は以前仕事でうつ病になりました。

上司に暴力を振るわれてパワハラまがいの事をされて仕事を退職しました。

 

そんな時私は彼の家にお見舞いに行ったり励ましたりし、1年かけて復帰しました。

U君はその際全く知らず信じなかった誕生石を家族に買ってもらってから

急速に回復していったとの事でした。

誕生石の力が私にもいい効果をもたらさないかと思いかってくれたのです。

 

彼が帰った後しばらくムーンストーンを見ていたらいつの間にか眠ってました。

翌朝、何故か頭と体がスッキリ。

一週間後私は以前のように嘘のように回復し出社できました。

 

凄く気まずく嫌でしたが覚悟を決めての出社でした。

何処か別の部署や退職も考えてましたが、何故か色々な人が手助けしてくれました。

 

更に怒鳴ってきたM課長から謝罪

以前より辺りが少なくなりました。

何故か人間関係が和らいで、しかも苦戦していた仕事が嘘のようにスムーズに進みました。

 

そして、休んでいたAさんが復帰をするという朗報も頂きました。

私は夢かと思いました。ですが、現実でした。

それから病院も行かなくていいと診断され、薬も1回も飲むことなく回復しました。

 

今は普通通りガンガン仕事をしています。

たまにU君と会う時に、

「ムーンストーンの輝きがきっと人生をいい方向に向かわしてくれたんだよ。

あ、宗教なんか入ってないから誤解しないでくれ。」

と笑いながら話します。

 

あの時本当に辛く苦しかったです。

でもU君のくれたムーンストーンのお陰で救われたと今でも思います。

 

今でも石は水晶を置いて浄化して持ってます。

これからもっと人生で苦しく辛いことが出てくるかと思いますが、

誕生石のムーンストーンの力を信じて

少しでも自分のペースで前に進んで行きたいと思っています。

 

自分自身の経験で誕生石は馬鹿にしては行けないと思います。

人生を救ってくれる最高のアイテムになります。




気になるあの人の誕生日をチェック♪