6月9日の誕生石である「バロック・パール」について


6月9日の誕生石 バロック・パール
石言葉 芸術性
英名 Baroque Pearl
その他の誕生石 クリソプレーズ
6月9日が誕生日の有名人 1964年 薬師丸ひろ子(女優)
6月9日は何の日? ロックの日
6月9日の誕生花 スイートピー

 


 

誕生石の説明 6月9日の誕生石である「バロック・パール」の和名は、「真珠」です。

真珠は、真珠を育むことができる「母貝」が、

自分の体内に入れられた「核(異物)」を、分泌液で包み込みできるものです。

 

真円を欠いた真珠を、バロック・パールと呼びます。

真円のものより光沢がすぐれているのが特徴となります。

 

宝石言葉は、「芸術性」となります。

バロックとは、ポルトガル語の歪んだ真珠という意味の単語が、語源となっています。

 

6月9日の誕生石バロック・パールのパワーストーン効果については、

母貝に守られ少しずつ成長していくために「守護」のパワーが強く、

ストレスで疲れた体を癒し、守ってくれる効果があります。

 

ストレスで眠りが浅くなっている人は、眠る時に枕元に置いておくと、

愛に包まれたかのように安眠することができます。

 

また、バロック・パールは、出産のお守りとしても効果が高く、

安産へと導いてくれ、子供ができても、いつまでも美しくいられる効果があります。

 

バロック・パールとは、真珠が育まれる早い時期に、

核の周囲に付着した物質を取り込む形で、そのまま成長して変形したものです。

自然の中で偶然に起こる現象となりますので、

同じ形のものはふたつとこの世に存在しません。

ゆえに、自然の美しさを象徴するパワーストーンとなり、

その人が持つ個性を、魅力として引き出してくれます。

 

女性性というと、やさしさや美しさを象徴することが多いのですが、

パールはそこに、気品や女性としてのプライドを併せも持っている宝石です。

 


 

誕生石はコチラで購入できます

 


 

誕生石にまつわるエピソード

真珠が結びつけた恋

久しぶりに友人と会うために駅ビルの前で待ち合わせをしたのですが、

遅れると連絡が入り、仕方なく駅ビルの中に入って時間つぶしをすることにしました。

 

洋服やバッグなどをフラフラと見ているうちに、普段はあまりアクセサリーをつけないのですが、

その時なぜか吸い寄せられれるようにしてアクセサリーショップに入りました。

 

学生時代ずっとスポーツをしていたので全体的に筋肉質で、

女性らしいアクセサリーは自分には似合わないと頭から決めつけて避けていたのですが、

なんの気負いもなしに素直な気持ちで眺めると本当に可愛くて、

この可愛いアクセサリーをどれでもいいから身につけたい

という気持ちが心の底から沸き上がったのです。

 

すると私の気持ちを察したように店員さんがスッと傍に寄ってきて

「何かお探しですか」と聞いてきました。

「指がゴツゴツしているので、指輪やブレスレットは似合わないと思うのですが、

何か私にもあいそうなものはありますか?」

すると店員さんが「ショートカットなのでイヤリングなどいかがでしょう?」と言ってくれました。

 

化粧もしない、髪の毛も顔にかかるのが嫌で短くしているのに、イヤリング?と思いましたが、

店員さんが指した方向には可愛らしいイヤリングが所狭しと並んでいて、

私はあっという間に心を奪われてしまいました。

 

素材もデザインも豊富で、何を基準に選んだらいいのかわかりませんでしたし、

あまりお洒落に興味がなくて女性らしいとはいえない私にあうイヤリングがはたしてあるのか、

ちょっと不安になりました。

 

すると店員さんが「お誕生日はいつですか?」と聞いてきたのです。

「6月9日です」

「6月9日の誕生石は真珠です。真珠には女王の品格という意味があるんですよ」

 

女性としての魅力にも自信がないのに、女王の品格とは恐れ多いと思いましたが、

店員さんがそっと差し出してくれた真珠のイヤリングの美しい輝きから目を離せなくなりました。

「髪の毛も短くて、あまり女らしくないのに似合うかしら?」

「イヤリングは髪の毛が短い方が映えますよ」

そう言って店員さんが真珠のイヤリングを私の耳元に添えて、鏡を見るように促しました。

すると化粧っ気のない私の顔がぱあっと明るくなり、

心なしか見慣れた自分の顔が女性らしく見えたのです。

 

「おかしくないですか?」

「よくお似合いです」

「パンツスタイルが多いし、髪の毛が短いからへんじゃない?」

「色白だし、髪の毛も染めてない自然な黒だから、真珠がとても映えますね。よくお似合いです」

確かに鏡に映った真珠は素敵だけど、もしイヤリングをして誰かに似合わないと言われたらどうしよう。

 

「誕生石を身につけると運気が良くなるそうですよ」

その一言で決まりました。

 

運気が良くなるなら、きっと真珠のイヤリングを身につけても似合わないとか、

柄じゃないと笑われることもないでしょう。

 

その時ちょうどタイミングよく友人から電話が入り、

あと10分で待ち合わせの場所に着くとのことでした。

 

「買います」

「ありがとうございます。よろしければ今つけられますか?」

「えっ、いいんですか?」

「大丈夫ですよ」

 

支払いを済ませた後、店員さんがイヤリングに付いている値札を切ってくれました。

そして少し震える手でイヤリングを耳につけ、友人との待ち合わせに急ぎました。

 

友人はすぐに真珠のイヤリングに気がつきました。

「もしかして彼氏できた?」

「まさか」

「へー」

友人は疑うような眼差しで私を見つめました。

 

「どうしたの?急にキレイになって」

友人には彼氏ができたのではないかと、さんざん冷やかされましたが、嫌な気はしませんでした。

 

翌朝、会社に行く時も思い切って真珠のイヤリングをつけていきました。

同じ部署の人はもちろん、違う部署でほとんど話をしたことがない人にも、

「似合うね、素敵だね」と言われました。

 

それまであまり可愛いとかキレイと言われたことがなかったのに、

一日で一生分褒められ自分でも驚きましたが、

極めつけは前から気になっていた男性に「よく似合う」と言われたことです。

 

今まで容姿のことをあまり褒められたことがないせいでとても照れ臭く、

素直にありがとうと言えなかった私は

「誕生石を身につけると運気が上がるそうです」と答えました。

 

「真珠が誕生石なの?誕生日はいつ?」

「6月9日です」

「本当?僕も6月」

びっくりしました。

初めて口をきいただけでも嬉しいのに、誕生月まで一緒とは。

 

一緒に誕生日を祝おうと食事に誘われ、

それがきっかけで、その男性とお付き合いするようになりました。

 

もしあの時友人が待ち合わせに遅れなかったら、そして真珠のイヤリングを買わなかったらと、

想像することがあります。

真珠のイヤリングがきっかけで付き合うようになった私たち。

誕生石を身につけると運気が上がるというのは本当でした。




気になるあの人の誕生日をチェック♪